姿勢が様々な不調の原因!?

姿勢が不調の原因!?
なぜ?と思う方もいれば、そうだと思う方もおられます。
これから姿勢がどのように体には影響を与えていくかの説明をしていきますね!
1 体の不調の原因は?
2 姿勢が悪いとどうなるの?
3 姿勢が良く見える方でも不調が出ている人
4 いい姿勢でよくなる症状
5 悪い姿勢が様々な不調の原因!?
 5−1 背骨はたくさんの骨で出来ています
 5−2 背骨には隙間があります
6現代の常識を疑ってみませんか?
7 まとめ
1 体の不調の原因は?
今、あなたが辛いのは
首ですか?
それとも肩ですか?
それとも腰ですか?
それとも膝ですか?
もしくは疲労感が取れないことや不眠に悩んでいませんか?
中には全部が辛いと言われる方もおられます。
ある程度年齢を重ねたら仕方がない。
体の不調の一つや二つあってもしょうがない。
と思われて諦めていませんか?
しかし、反対に同じ年代でもあるにも関わらず元気な方もおられませんか?
この「差」は一体なんなんでしょうか?
この「差」こそが姿勢にあるのです。
2 姿勢が悪いとどうなるの?
普段から姿勢が悪い人は体が歪んでいます。
特に体の大黒柱である「背骨」
体の土台である「骨盤」が歪みます。
骨盤、背骨が歪むと体のいたるところに不調が出てしまうのです。
多くの不調が肩こりや腰痛といった凝りが出てしまいます。
しかし、それだけには留まらずに頭痛や冷え、むくみ、不眠などの一見「骨盤や背骨とどういった関係があるの?」と思われるところにまで影響が出てしまうのです。
3 姿勢が良く見える方でも不調が出ている人
良く他人からはいい姿勢ですねと言われる方でも体の不調が訴えられている方もおられます。
これはなぜかというと、
「見えにくいところが歪んでしまっているからです」
一見、姿勢が良く見えますが、良く調べてみるとどこかが前後、左右に歪んでいます。
良い姿勢になり歪みが整えられれば、体の不調は改善します。
4 いい姿勢でよくなる症状
腰痛
・肩、首こり
・脊柱管狭窄症
・ヘルニア
・ひざの痛み、変形性ひざ関節症
・頭痛、偏頭痛
・生理痛、PMS
・胃の不調、胃下垂
・視力の低下
・坐骨神経痛
・五十肩
・股関節痛、変形性股関節症
・手、指の痛み、痺れ
・顎関節症
・便秘
・冷え性
などなど、様々な症状がいい姿勢を手に入れる事によって改善していきます。
 
5 悪い姿勢が様々な不調の原因!?
5−1 背骨はたくさんの骨で出来ています
体の不調は姿勢が悪い事で起こります。
どういう事かというと、「骨盤」「背骨」が歪んでしまうからです。
悪い姿勢の人は「骨盤」「背骨」が歪んでしまっているのです。
背骨は一つの骨ではなく、たくさんの骨が積み重なって一つの背骨になっているのです。
大きく分けると
「首」「胸」「腰」に分けられます。
「首」の骨は7個あります。
「胸」の骨は12個あります。
「腰」の骨は5個あります。
合わせて26個の骨で背骨は出来ているのです。
結構多いでしょ。
つまりは人間の体は多くの骨の積み重ねにより支えているのです。
5−2 背骨には隙間があります
「首」「胸」「腰」の骨の間には「椎間板」というものによって「隙間」が作られています。
この「隙間」がある事によって人は体を曲げたり、捻ったりできるのです。
ということは、この「隙間」がなくなると体は曲げたり捻ったりが出来なくなってしまうのです。
結果、体が動かなくなり体に不調が出てしまうのです。
姿勢が悪い人は、骨盤が歪んでしまい背骨の隙間が狭くなったり、広がりすぎてしまうのです。
体のバランスが崩れてしまうのです。
背骨には、脳と体を繋いでいる大事な「神経」が通ります。
この神経は背骨の間を通って体のいたるところに伸びていくのです。
体が歪んでしまうとこの神経を圧迫してしまったり、神経を伸ばしてしまったりしてしまうのです。
それによって痛みや不調が出てしまうのです。
6現代の常識を疑ってみませんか?
膝に痛みがある場合、湿布や飲み薬、膝に注射をしたり水を抜いたりします。
これが間違っているわけはありません。
一度、疑ってみませんか?
他にも、喘息ならそこへの処置、視力低下にはメガネ・コンタクレンズなどの処置。
この様な様々な症状の原因は体の歪みにある場合もあります。
まとめ
多くの様々な症状は姿勢の歪みにあります。
姿勢が悪くなると、「骨盤」「背骨」が歪みます。
「骨盤」「背骨」が歪むと「神経」が圧迫されたり伸ばされたりします。
「神経」が圧迫されたり伸ばされたりすると痛みや痺れなどの数多くの症状を引き起こしてしまうのです。
これらを改善するには、
①体のどこが歪んでいるのか?を知る
②なぜ?歪んでいるのかを知る
③姿勢を改善する
事です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加